トップ

インプラント手術後の痛みの対処

インプラント手術は、歯肉を切って骨に穴を開けますが手術中は麻酔によって痛みはほとんどありません。麻酔が切れてからが最も痛い状態になり腫れますが、痛み止めの薬を処方されますので安心です。手術後の痛みや腫れは珍しくありませんが、それが長く続く場合は我慢せずに早めに医師に相談することが大切です。目安は1週間です。また、痛み止めの効果がないほど激しく痛みを感じる場合は痛み止めが合わないかインプラント手術が上手くいかなかった可能性がありますので、早めに医師に相談しましょう。出血が多い場合はガーゼなどを噛むことで止血できますが、口から流れるほどの出血の場合は早めに医師に相談しましょう。

手術は痛いという勘違い

インプラントの治療の際には局部麻酔を行います。歯の抜糸治療を行った経験のある方はわかると思いますが、麻酔の際に感じるチクッとした歯肉をさすような痛い感覚を感じる程度だと思っていれば大丈夫です。もちろん手術の途中で麻酔の効き目が弱く痛いと感じたら、麻酔を追加するので手術の痛みを感じることはないと言って良いでしょう。術後も抜糸と同様に、麻酔が切れだすとじんわりと痛みが感じられる程度で人によっては抜糸よりも痛みを感じないといった方もいるほどです。インプラントはドリルのような機器で骨に穴を開ける手術ということもあって、強烈な痛みを要するイメージとは裏腹にしっかりとした麻酔で痛みを感じない手術なのです。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントで出る痛み. All rights reserved.